とても恥ずかしい

恥ずかしい。とても恥ずかしい。

 

毎日仕事が嫌すぎる。

何が嫌か?長時間拘束労働が嫌、会社に奉仕するのが嫌、自分の能力が嫌。

研修が二日間あって暇。ヨッピーの明日クビになっても大丈夫!を読んだ。

なるほど好きなことを副業にして、それを鍛えればフリーになっても生きて行けるのか。

 

あ〜フリーランスになりたい!!35までに独立した〜い!!

 

そんな風に思ったわけです。

思うだけならタダだし恥ずかしくないじゃん?でもその思いが存外にデカいらしくて、休みの日の車の運転中、助手席の嫁についうっかり言ってしまった。

 

35までに独立したいなあ〜。

 

なんの話の流れで言ったんだっけ、将来が不安とかいう話題だった気がする。

口に出すと客観的な俺が俺を笑う。

こいつ恥ずかしいこと言ってんな、笑う。

気がつくと恥ずかしい!運転席の窓ガラスが一瞬で曇る。

恥で体が火照って出た汗で窓ガラスが曇る。

フロントガラスも曇る。冷静に曇り止めのために外気を入れる嫁。強い。

 

口が滑って35までには君は社長夫人だよ!とか吹かす俺。もうやめてくれ。

 

そんなこんなで35までに社長にならなければいけなくなった。マジかよ。

今28だからあと7年。具体的には何にも思い浮かばないけど、嫌すぎる仕事をしなくていいのかなとか考えるとちょっと楽しそうだと思ったりした。

口に出すと自分の気持ちが「社長」に向かうのはちょっと笑った。

とりあえず何しよう。やりたいことってなんだろう。金になることってなんだ。

分からんことしかないけど、どっちにしろ5月には収入減ることが確実だし、小銭を稼いで行かないといけない。

四年あったらフリーターから役職つきになれるし、七年あったら社長にもなれるんだろうか。

小銭稼ぎを続けていつか独立できたらいいな。

スキルも学歴も能力もない俺は金人間にならなければ将来もない。ゲロが出そう。ゲロ出そう。はー。ゲロゲロ。